二次会のドレス

必ずしもフォーマルでなくても良い

最近の結婚式において、二次会が行われる式が多くなっています。結婚式が新郎新婦の両親や親族一同を招いて行うのに対して、二次会は気の置けない友人同士という集まりが多いようです。ここで気になるのが、新婦が着る二次会ドレスです。既にお色直しをしている新婦が、更に別のドレスを用意するのか気になります。結婚式の二次会というのは、普段の飲み会の延長のような形で集まることも多いので、必ずしもフォーマルドレスの必要はありません。新婚旅行に出発する前の集まりであれば猶更です。花嫁の二次会ドレスは、パーティの内容いよって選ぶとよいでしょう。参加者がラフな出立で集まる会であれば、新郎新婦もそれに合わせることも大切です。

なぜ結婚式に二次会が必要なのか

結婚式で二次会をする夫婦は、大企業に勤める人が多いといいます。結婚式には、当然会社の上役や、時には社長クラスの幹部を招かなければならないこともあります。そんな堅苦しい雰囲気の式とは別に、友人同士で祝ってもらえる式も大切なのです。ですから、新婦の着る二次会ドレスも厳粛な雰囲気の物より、華やかな中にも可愛らしい出立が好まれます。最近の結婚式の貸衣裳は、二次会を想定した衣装も充実してきました。花嫁の二次会ドレスのバリエーションもかなり広がっています。二次会の会場や、式の進行に相応しいドレスを選ぶことができるようになりました。古式に則った衣装を着る結婚式に対して、二次会ドレスは新婦の好みを取り入れたものにすると良いでしょう。